<彫刻>損壊 ユニークひげ5センチ→1.5センチに!(毎日新聞)

 JR浜松駅に近い、浜松市中区田町の繁華街「ゆりの木通り」の交差点に登場した彫刻が何者かに壊された。設置から10日後、ナマズのようなユーモラスな姿が評判になり始めたところだった。傷つけられたひげは修復で短くなった。設置した地元商店街の組合は「彫刻を平気で壊す人がいることが悲しい」と語り、街の彩りを大切にしてほしいと訴えている。【仲田力行】

 被害に遭った作品は、高さ約30センチの「水の妖精」。函南町の彫刻家、八ツ木のぶさん(64)が真ちゅうと銅を素材に制作した。

 モチーフは、左右に伸びたひげが特徴の、想像の生き物。天竜川や浜名湖が培った地域の文化や、1000年以上も前から人々が往来し繁栄してきた歴史を表現したという。

 「買い物客が信号待ちする間、気持ちを和ませてほしい」。そう考え、地元商店街でつくる「事業協同組合浜松ショッピングセンター」(田中信之理事長)が5月20日、十字路交差点に、水の妖精を含む彫刻4作品を設けた。とりわけ「水の妖精」は「かわいい」などと話題になっていたという。

 ところが、30日朝、彫刻の下に造った花壇の手入れに来た商店主らが、約5センチあった水の妖精の右のひげが切られ、左のひげも折り曲げられているのに気付いた。

 「生みの親」の八ツ木さんが今月3日、浜松市を訪れ、もう壊されないように、長さを左右とも約1.5センチに縮めたひげをつけ直した。

 同センターは「壊した人が『悪いことしたな』と思ってくれたらいい」と考え、警察に被害届は出さなかった。

 ひげは修復で短くなってしまったが、今まで「ひげを折られたら……」と心配してきた田中さんは「残念だが、これで折られることはなくなっただろう」と話している。

【本屋が危ない 電子書籍元年】(下)紙と両方売る強みで反攻へ(産経新聞)
都城の牛3頭、遺伝子検査で口蹄疫「陽性」(読売新聞)
きょう時の記念日…幻の福沢諭吉「改暦弁」、現物あった(産経新聞)
男女はねられ1人死亡=殺人容疑で捜査―道警(時事通信)
「鹿島」所長らきょう書類送検 砂利不正転用 470万円詐取疑い(産経新聞)
[PR]
by x3kbn0akyn | 2010-06-18 18:59
スペルボーン(Spellborn)